初めて見たときに「素敵だな」と思ったのは、ブラの紐の細さ。機能性に優れた生地のものは、どうしても実用重視で肩紐を太めにしたりして、生活感を感じてしまうデザインになってしまいがちですが、UNDERSON UNDERSONは大違いでした。ブラの、美しくも華奢な紐や、しっかりとホールドしてくれるフィット感は、女ゴコロを捉えた絶妙な仕上がり。
さらに、このブランドにおいては色展開が絶妙です。お気に入りは、ネイビーにボルド―のゴム紐が合わせられたブラ・ショーツの組み合わせ。また、ボタニカルダイによるニュアンスカラーは、他ではなかなか出せない色合いで、奥行きのある柔らかなカラーがとても良い。色の出し方や、上品なカラーミックスが得意なブランドとして、これからも美しいカラー展開で楽しませてほしいですね。そして、言わずもがななのは、機能性の高さと心地よさ、とりわけ、この素材感を日本の技術・日本で作られた生地で身につけられるというのが何よりも贅沢なことです。このブランドの行先が、心から楽しみですね。

東京都出身。メンズ誌のスタイリングを経て女性誌へ。幅広い年齢層の女性誌を中心に、タレントからの指名や、アパレルブランドとのコラボのニーズも高く、マルチに活躍中。ハワイ・表参道で展開するリゾートウエアブランド「
mikomori」のディレクションも担当している。